US PGAツアーゴルフアカデミー公認ゴルフレッスンDVD

US PGAツアーゴルフアカデミー公認ゴルフレッスンDVD

何でそんなにゴルフが上手いの?  と言われたくありませんか?

初心者からプロまで、すべてのゴルファーの望みはたったひとつ。

それは、今よりも上手くなることですよね?

そのためには正しい知識と技術を学び、実践することです。

スコット・サケット、プロフィール

世界最高峰US PGAツアー公認メソッドに基づいた丁寧で分かりやすい指導は、ツアープロも絶大なる信頼を寄せています。

あなたもUS PGAツアー公認メソッドで、今よりもワンランク上のゴルフを目指してみませんか?

US PGAツアーゴルフアカデミーのチーフインストラクターである、スコット・サケット先生の5時間25分に渡るレッスン内容は、とても丁寧で分かりやすく論理的です。

ゴルフを今よりも上手くなりたいと思っているあなたには、間違いのないレッスン内容になっています。

何度でもスコット先生のレッスンが受けられるように、5時間25分のレッスン内容はDVDに収録してあります。

ゴルフが上達する近道があるとすれば、ゴルフのことを最も良く分かっている人から、論理的に正しく教わることです。

US PGAツアーゴルフアカデミーのチーフインストラクターである、スコット・サケット先生の13回のレッスン内容は、ゴルフに関するすべてをカバーしています。

13回のレッスン内容は7枚のDVDに収録してあります。

USPGAツアーゴルフアカデミー公認ゴルフレッスンDVD USPGAツアーゴルフアカデミー公認ゴルフレッスンDVDパッケージ&ガイドブック練習編・ラウンド編

5時間25分+特典映像に加え、DVDの中にある重要なポイントを2冊のガイドブックにまとめたスコット先生のレッスンは、ゴルフのランクを上げたい人すべてに必要な教材になっています。

さらに、このDVDには2003年マスターズ2位のレン・マーティスのアドバイスも収録されています。

では、7枚のDVDの中身がどのような内容になっているのかご紹介していきましょう。

基本の習得、基本の習得その2

■基本の習得

パッティングからドライバーショットまで、すべてのゴルフスイングに共通する最も重要なこと、それはインパクトです。

ボールの飛び方はインパクトによって決まります。

従って私(スコット・サケット)のレッスンでは、正しいインパクトを身に付けることに重点を置いています。

あなたのインパクトが正しいかどうかは、ボールの方向性や球筋を見れば一目瞭然です。

正しいインパクトの為には、スイングの3つの基礎を理解することです。

それは・・・

1.グリップ

2.ポスチャー(アドレスの姿勢)

3.アライメント(目標に対する体の向き)

ボールの方向や球筋は、クラブのフェイスの向きによって決まります。

では、クラブのフェイスの向きをコントロールするのは何でしょうか?

それは、グリップです。

まずは、正しいグリップを覚えましょう。

まず、グリップは●●で握ります。

グリップ1

そしてクラブを握った時、左手の親指と人差し指が作るVの字が、●●を指すくらいの●●で握ると、リストコックがやりやすくなります。

スイングの25%はリストコックによって生み出されます。

グリップ2

正しいグリップなら、このように中指だけでクラブは持てます。

グリップ3

あなたは、左手の正しいグリップができているでしょうか?

■右手のグリップの作り方

次に右手のグリップの作り方です。

左手の親指と右手の●●●を合わせるようにします。

グリップ4

両手のグリップが完成したら体の正面で水平にします。

この時、フェイスの溝が垂直になっていればOK。

つまりスクエアな状態になっているのです。

スクエアなフェイスは全て基本です。

あとは両手でグリップした状態でクラブを立てて、握りの強さを調整します。


アマチュアはクラブを強く握りすぎて、ヘッドの重みを感じない状態になっています。
握りの強さは、最も力を入れた状態を10とした時、●〜●の強さで握ります。
これでヘッドの重みを感じることができます。 これによってフェイスをコントロールでき、フェイスがボールをコントロールすることができるようになります。

■ポスチャ―(アドレスの姿勢)について

ポスチャー1

正しいグリップができたら、ひざを伸ばします。

次に上体を前傾するのですが、腰から体を曲げない様にすることです。

{ DVDを見ると、どこから体を曲げればいいのかが良く分かります }

・ ・
うまいプレーヤーは、必ず上半身にある工夫をしています。

ポスチャー2

そうすると軸のブレない素晴らしいインパクトを向かえられます。

正しいポスチャ―の作り方は、クラブを使った方法で分かりやすく解説します。

■アライメント(目標に対する体の姿勢)について

アマチュアのほとんどがアライメントについて正しく理解していません。

ターゲットラインと体のラインは、電車の線路と同じように平行でなければなりません。

アライメント1

使用するクラブに応じたボールの位置を覚える方法の紹介をします。

クラブの長さは番手によって異なる為、アドレス時のボールの位置も使用クラブに応じて変わります。

普段の練習で正しいボールポジションをしっかり覚えておいて下さい。

そのことを分かりやすくお話しします。

アライメント2

●●の中には各クラブの番号が入ります。

左足とボールの位置から●●の中には、どんなクラブが入るのでしょうか?

■理想のスイング

●左足1本でのフィニッシュがベスト。

どうしたら左足1本でのフィニッシュを向かえられるかお話しします。

●上体の前傾角度は●〜●度をくずしてはいけません。

また、シャフトプレーン(アドレス時のシャフトの角度)は、正しいセットアップで構えれば●●●●●●●●を指します。

ダウンスイングでクラブがシャフトプレーンに近いところを通れば通るほど、スイング軌道はスクエアに近づきます。

シャフトプレーンは、スイング軌道の善し悪しを測る大切な目安です。

スイング1

{ DVDの中では3人の生徒さんに対して、スコット先生が正しいスイングをするための指導をしています。自分ごとに置き換えてこのDVDを見ると、あなたのスイングも向上するでしょう }

■スイングの矯正とは、新しい動きを筋肉に記憶させていくプロセスです。

一生懸命に練習しているだけでは、無意識のうちに身体は今まで通りの動きに戻ろうとします。

身体が新しい動きに慣れるまでは、思い切り極端にやってみて下さい。

やりすぎと思うくらいが、実はちょうど良いのです。

スイング2

■素振りをたくさんやる

ボールを数多く打てば上手くなるというわけではありません。

ボールを打つことに気持ちが向いてしまい、身体の動きを意識できなくなるからです。

素振りは良いのにボールを打つと上手くいかないという人は多いはずです。

素振りを繰り返してチェックポイントを確認し、それからボールを打つようにして下さい。

スイング3

●1球打つ毎に必ず素振り4〜5回

●素振りの時と同じ感覚でボールが打てるようになるまでこれを繰り返す。

基本の習得、基本の習得その2 オンコースレッスン・プレーの心構え、パッティング ストレッチ・エクササイズ ショット練習 パッティング練習

■ラウンド中の心構え

ミスショットしても安全な場所は?

■パッティングについて

ゴルフのプレイの中で、パッティングは40%〜45%を占めています。

なので、パターの正しいグリップの仕方、パターの名手の共通点、ボールの位置、パターの長さについて解説します。


自分に合ったパターの選び方を知らない人は多いです。
DVDの中で自分に合ったパターの選び方を分かりやすくお話しします。

ストリング ボックス ラダー オンコースレッスン・プレーの心構え、パッティング ピッチング、チッピング(チップショット)

■ピッチショットについて

アマチュアにとってピッチショットは、最も難しいショットです。

ピッチショットを上手くするには、3ウェッジシステムを利用することです。

3ウェッジシステムとは、スイングの大きさを3つのパターンに分けることです。

スイングの大きさ

{ DVDの中ではスコット先生が手の動きを使って論理的に分かりやすく解説しています。 }

3ウェッジシステムをマスターすれば、100ヤード以内の距離から自信を持ってピンをねらえるようになります。

■チップショットについて

グリップ力、アドレスの仕方を解説します。

そしてチップショットのボールの落としどころと、キャリーとランについて学んで頂きます。

■キャリーとランについて

チップショット

← ●の中に入る数字はとても重要です。

ピッチング、チッピング(チップショット) バンカーショット・ドライバーショット

■バンカーショットについて

バンカーショットで最も大切なことは、トレーリングエッジが先に砂に当たるようにすることです。

そのためには、フェイスの向きはスクエアではなく、自分から見て時計の●時の方向に向けて下さい。

ボールの位置は左寄りにして、体重は左足に●%掛けて下さい。

バックスイングで右に体重移動しないようにして下さい。

グリップは10段階の●〜●で握るようにして下さい。

バンカーショットの鍵はセットアップです。

ターゲットラインに対してオープンに構えること。

そして、クラブの軌道はVの字になることです。

{ ボールではなく砂を打つ感覚をDVDを通して学んで頂きます。 }

バンカーショット バンカーの目玉

■ドライバーの正しいセットアップについて

最初に、常に正しいボールの位置で構える手順を学んで頂きます。

{ スコット先生の説明を聞いて理解すれば、ボールの位置を常に一定にできます。 }

ドライバーはフラットなイメージ バンカーショット・ドライバーショット プリショットルーティンとボール弾道の法則・オンコースレッスン(異なるライからのショット) プリショットルーティーンを忘れずに ミスショットを引きずらない ロブショット サンドヒルライ アップヒルライ・ダウンヒルライ ディボット プリショットルーティンとボール弾道の法則・オンコースレッスン(異なるライからのショット) 効果的な練習方法、レン・マーティスに聞く

アイアンでも練習時はティーアップしたボールを打って下さい。

それはなぜか?

ボールのことを気にせずにスイングに集中できるからです。

練習では正しいスイングをすることが何よりも重要です。

ティーアップしたボールを短いクラブで打つ

スコット先生のもとでレッスンを受けた3人の生徒が、ツアープロであるレン・マーティス(マスターズ2003年2位)に質問

効果的な練習方法、レン・マーティスに聞く 卒業ラウンド、オリジナル特典映像

■卒業ラウンド

初心者からプロまで全てのゴルファーの望みは今よりも上手くなること、ですよね。

そのためには正しい学び方が必要です。

PGAツアーゴルフアカデミーは、くつろいだ楽しい雰囲気の中で最高のレッスンを提供します。

楽しみながら学ぶことこそが、ゴルフ上達の鍵なのです。

ゴルフ上達に奇跡はありません。

卒業ラウンド、オリジナル特典映像

上記の内容は、スコット先生のDVDの中身の一部をご紹介したにすぎません。

5時間25分のゴルフレッスンの内容を、全て文字でお届けすることはできませんでした。

このサイトを作った私(大杉)も、過去に日本のプロゴルファーからレッスンを受けた経験があります。

今回、スコット先生のDVDを見たことで、日本で受けたレッスンと完全に比較することができました。

正直申し上げて、スコット先生の教え方は論理的でとても分かりやすいです。

スコット先生のレッスン内容は、初心者から上級者まで必ず役に立つお話しになっています。

またDVDということで、私が日本で受けたレッスン料金に比べればとてもお値打ち価格です。

しかもDVDですから何度も復習ができます。

ゴルフが上手くなりたいと思うのなら、スコット先生のDVDは必ず手にして下さい。

US PGAツアーゴルフアカデミーのチーフインストラクターである、スコット・サケット先生の13回のレッスン内容は、ゴルフに関する全てをカバーしています。

レッスン内容は、7枚のDVDに収録されています。

更にこのDVDには、ツアープロのレン・マーティス(マスターズ2003年2位)のアドバイスも収録されています。

USPGAツアーゴルフアカデミー公認ゴルフレッスンDVD USPGAツアーゴルフアカデミー公認ゴルフレッスンDVDパッケージ&ガイドブック練習編・ラウンド編

5時間25分+特典映像に加え、DVDの中にある重要なポイントを2冊のガイドブックにまとめたスコット先生のレッスンは、今よりもゴルフのランクを上げたい人全てに必要な教材と言っていいでしょう。

USPGAツアーゴルフアカデミー公認ゴルフレッスンDVD説明 USPGAツアーゴルフアカデミー公認ゴルフレッスンDVD価格27,300円(税込)
USPGAツアーゴルフアカデミー公認ゴルフレッスンDVDご購入ボタン USPGAツアーゴルフアカデミー公認ゴルフレッスン

■オンライン通販:DVD全収録時間5時間25分

特定商取引法に基づく表記


Copyright (C) Bridgecompany.Inc All Rights Reserved